プラセンタの免疫賦活作用

Pocket

プラセンタには免疫賦活作用もあります。
この免疫賦活作用というのはなにかというと、自分の体内に入ると病気になってしまうウィルスや細菌を、体内から追い出したり死滅させる機能を活性化する作用のことです。

つまり、免疫力をアップさせる作用ということになります。
免疫力がアップすれば、病気になりにくい身体になることができるわけです。
さらに、プラセンタの免疫賦活作用は、アレルギー源物質と戦う抗アレルギー効果やガン細胞が増えるのを防ぐ抗腫瘍効果、ウィルスの侵入に際して侵食されるのを抑える抗ウィルス効果などを引き寄せます。
抗アレルギー効果が発揮されることで、アレルギー性鼻炎やアレルギー性結膜炎、花粉症やアトピー性皮膚炎などの症状を抑えることができます。
また、抗腫瘍効果が発揮されることで、細胞の突然変異などでガン化することを防ぎます。

抗ウィルス効果は、例えばインフルエンザやヘルペスウィルスなどのウィルス感染を防ぐことができるのです。
身体が弱っていると免疫力が下がり、すぐにウィルス感染したり、アレルギー症状が出たりしますが、プラセンタの力で強い身体を手に入れることができるということです。

This entry was posted in プラセンタの作用とは. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります

    None Found