顎関節症の治療前に悪い噛み合わせを確認しておこう!

Pocket

顎関節症の治療を考えているなら、悪い噛み合わせの状態を確認しておきましょう。
まず、奥歯の噛み合わせが最も重要なポイントになります。
しっかりと奥歯を噛みしめた状態で、歯の間に隙間ができるようであれば噛み合わせのバランスが崩れています。

奥歯を噛みしめてバランスが崩れる理由は様々ですが、虫歯や歯の摩耗など後天的な原因が考えられます。
もし、治療中の虫歯などがあるようなら、きちんと完治させておきましょう。また、顎の形状によっては、噛み合わせの左右バランスが崩れてしまうおそれがあります。
特に受け口の人は無意識のうちに下の口に力が入ってしまうので、早い段階で噛み合わせのバランスを整えた方が良いでしょう。
このように、歯や口の形状によって噛み合わせの状態は大きく異なってきます。

時間が掛かりがちな顎関節症の治療をスムーズに進めるためにも、最初の診察で自分の噛み合わせの状態を正確に把握しておくようにしましょう。

This entry was posted in 顎関節症の治療はこんな効果も!. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります