プラセンタの乳汁分泌促進作用

Pocket

プラセンタは乳汁分泌不全、更年期障害、肝機能障害の治療においてのみ治療薬として認められており、保険が適用されます。
それ以外の病気や症状、美容目的として使用する場合は保険適用範囲外になります。

乳汁分泌不全とは、卵胞から分泌されるホルモンの分泌がうまくいかないことで起こる症状で、母乳の出る量が少ない状態のことです。
普通、出産し赤ん坊がおっぱいを吸うと、それが刺激となって女性の身体では母乳を作り出すスイッチが入ります。
しかし、乳汁分泌するホルモンの異常や、乳腺などの発育不全、授乳に対して前向きになれない、赤ちゃんがうまくおっぱいを吸うことができない、さらに出産後の疲労やストレス、睡眠不足などが原因でうまく乳汁が出なくなってしまうことがあります。
そんなときに、プラセンタが持つ乳汁分泌促進作用が大きな助けとなります。

乳汁分泌不全の多くは、育児疲れや育児ストレスが原因となりますが、プラセンタには精神的にも安定させる作用もあり、さらにホルモンバランスを整える作用もあるため、さまざまな角度から効果をもたらすことにつながります。

This entry was posted in プラセンタの作用とは. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります

    None Found