プラセンタの活性酸素除去作用

Pocket

プラセンタの活性酸素除去作用はよく知られている作用なのではないでしょうか。
これは、体内に作り出された活性酸素を排除する働きをし、体内が酸化するのを防いでくれる作用のことです。
では、活性酸素とはなんでしょうか。

酸素は生きていくうえで欠かせないもので、呼吸をすることで体内に運ばれますが、その酸素がちょっとしたきっかけで活性酸素に変化してしまいます。
活性酸素は酸素とは異なり不対電子を持ち不安定な状態にあるため、近くの分子から電子を奪ってしまいます。
これがいわゆる体内を酸化させることになり、細胞の正常な働きを狂わせてしまうのです。
酸化するということは、要するに体内をサビ付かせてしまうということです。
そのため、シミやシワなどの老化現象を引き起こすだけでなく、動脈硬化やガン、脳卒中や心筋梗塞など深刻な病気の引き金になってしまうのです。

特に、血管内の細胞は活性酸素からの攻撃を受けやすく、血管をもろくしてしまいます。
プラセンタの活性酸素除去作用は、必要以上に作り出されてしまった活性酸素を退治する働きをして、あらゆる病気になる危険から身体を守ってくれるのです。

This entry was posted in プラセンタの作用とは. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります

    None Found