プラセンタの血行促進・造血作用

Pocket

プラセンタには実に多くの驚くべき作用がありますが、注目される働きに血行促進・造血作用があります。
血行が促進されるということは、実はさまざまな症状の改善につながります。

というのは、体内のあらゆるところへ栄養分を送り届けているのは血液だからなのです。
つまり、血行が悪くなるといろいろな症状が顔を出すことになります。
例えば、薄毛や抜け毛、冷え性、むくみ、肩こりや頭痛、生理不順、肌荒れやニキビなどの肌トラブル、イライラやストレスを感じるなどといった、さまざまな症状を引き起こします。
血液は、必要な栄養を運び、なおかつ不要な物質を排出、体内の温度や浸透圧などを正常値で保つ働きなどもします。
体内に細菌などの異物が入り込めば、その異物を追い出そうとして働くこともあります。

一方、造血作用というのは、血液を作り出す骨髄に働きかけ造血の手伝いをすることです。
骨髄の造血機能が落ちると貧血になってしまいます。
貧血になると体内では、エネルギーに変える酸素がつき届かずに常にエネルギー不足の状態になってしまいます。
そのため、冷えやめまい、頭痛、疲れやだるさなどさまざまな症状を引き起こします。

This entry was posted in プラセンタの作用とは. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります

    None Found